Top > 白髪染めについて > 白髪が出来る原因とメカニズム

白髪が出来る原因とメカニズムとは

世界を見渡してみて、それぞれの人種の特徴のひとつとして髪の毛の色が挙げられると思います。 金髪、茶髪、日本やアジアでは黒髪が多いですね。

しかし同じ日本人でも染めているのかと勘違いしてしまうほど生まれつき明るい髪の毛の持ち主もいます。
そしてもっとも厄介なのが突如出現しこの黒髪とは正反対で目立つ、白髪です。


人によってこうも髪の毛の色に違いが出るのはなぜか?
そのメカニズムを簡単に説明します。

私たちの頭髪の色は、メラノサイトと呼ばれる色素細胞が作り出したメラニン色素が毛髪が頭皮内で成長する時に取り込まれることで決まると言われています。
つまり髪の毛を作り出す毛母細胞自体に色を作り出す役割はなく、メラノサイトが色素を作り出さなければもともと髪の毛は白髪ということです。

白髪が出来るのはこのメラノサイトが何らかの原因で弱まったり消失したりするからであると考えられています。

白髪になる原因としてまず挙げられるのが、一番多くて加齢によりメラノサイトの働きが衰えたこと、次に遺伝です。
人によって白髪が多い、少ないがあるのは遺伝が関係しているとされています。
ほかにも栄養不足、病気、ストレスなどがあります。

ストレスや病気なのか一晩で白髪になってしまう例などもあり、白髪の原因についてはまだ解明されていない部分が多くありますが少しずつさまざまな角度からの研究が効果をあげてきているようです。